■行政(都道府県等、基礎自治体、警察)の方
1 逸走検索について(都道府県等、基礎自治体、警察)
 令和4年6月以降、引き取り、収容、又は拾得された犬猫にマイクロチップが装着されていた場合に、行政の方の自身で「犬と猫のマイクロチップ情報登録」サイトにて所有者の検索を行うことができます。なお、法施行前に既存登録団体に登録されていた情報については、移行登録手続きを行ったものだけが登録されているため、「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録がない場合には、既存登録団体にもあわせて情報のご確認をお願いします。
 検索用のID及びパスワードは都道府県、基礎自治体に対しては、法施行までに発行する予定となっています。警察においてID及びパスワードを申請する場合は、所定の様式(準備中)で指定登録機関宛てに申請ください。なお、オンラインでの検索が難しい場合には、指定登録機関のコールセンター(準備中)までお問合わせください。
2 狂犬病予防法の特例(ワンストップサービス)について(基礎自治体)
 基礎自治体がワンストップサービスに参加した場合には、令和4年6月以降、犬の所有者の情報が「犬と猫のマイクロチップ情報登録」に登録されると、ワンストップ通知(メール)がされ、通知情報の詳細を検索できるようになります。ダウンロードできる様式は、次のようになります。ワンストップ情報CSVファイル様式ワンストップ情報CSVファイル
 ワンストップ通知は、新しく登録された場合、所有者が変更された場合、登録事項(住所など)が変更された場合、犬が死亡した場合に、犬の現所在地の自治体に通知されます。市外からの転入があった場合には、狂犬病予防法施行令第二条の二第2項が適用されるため、犬の旧所在地を管轄する市町村に犬の新所在地を通知しなければなりません。ワンストップに参加している市町村では、ワンストップ情報にて犬の登録に必要な情報が確認ができますが、旧所在地を管轄する市町村では、新所在地を管轄する自治体から通知が来ないと原簿が残ってしまいますので、ご留意ください。
トップページへ戻る  Q&Aページへ